ブックカバーとはどういうものかについて解説

当店のブックカバーについてご説明しましょう。ブックカバーとはどのようなものなのか、知っているようで知らないことも多々あります。その歴史やブックカバーを付けることでの効果、お店にあるサイズはどのようになっているのかなどの情報をお伝えしましょう。

ブックカバーは日本にしかないもの

実は海外には本にカバーをかけるという習慣はなく、ブックカバーは日本独特のものです。書店は日本のみでなく海外にも多くありますが、そもそも本を買ってカバーを掛けるということはしません。おそらく、日本に来た外国人は書店でのカバーに違和感を覚えるでしょう。

実はブックカバーの歴史は、大正時代にまでさかのぼります。大正時代にある古本屋さんが始めたサービスが購入した本にブックカバーを掛けることだったのです。これは購入した本なのかそうではない本なのかが一目瞭然でわかるために始めたことでした。万引き防止策でもあったのです。

もう一つの理由はカバーを掛けた本を外出先で読むことによって、店名が書いてあるカバーをつけるので店の宣伝にもなるということです。確かにその時代はテレビもネットもありませんから、こうしたことでよい宣伝になったのかもしれません。

ブックカバーを掛けるのは数やサイズによっては大変

当店で扱うブックカバーは書店で扱うものです。書店はどんな本にでもブックカバーをかけてくれます。漫画や文庫本などは一応本にカバーはついていますが、「カバーをおかけしますか」と声をかけてくれるのでたいていの人はその上に書店のカバーをかけてもらうでしょう。

しかし、このカバー掛けは数が多いとなかなか大変です。特に大型本となると大きいだけでなく何冊もなると時間もかかってしまいます。お客さんによっては大変さを察してか「そのままでいいです」といってくれる人もいるのです。

掛けられる本のサイズには限界がある

一般客から見ると、書店にはすべてのサイズのブックカバーが用意してあるように思えるかもしれません。それは常日頃、書店員がカバーを掛けてくれるので自然とそう感じてしまうのでしょう。しかし、そうではなくサイズによっては限界があるのです。

実は余り大きな本ですとカバーを付けられません。たとえば、お店にもよるかもしれませんが、大体のお店では写真集や画集に使われるA4サイズという大型本になるとカバーのサイズがないのです。A5サイズが大きさの限界というお店は少なくありません。

そのあたりを仕方のないものとして理解しておくと良いのではないでしょうか。余り大きなサイズの本でしたら、書店もカバーでなく自分でつくって掛けることもできますし、透明なカバーなども当店で売っているのでそのあたりを使うとよいです。

まとめ
書店に行くとつけてくれるブックカバーですが、大正時代からという歴史があります。そして、それなりの宣伝効果もあったのです。また、サイズに限界があるということも理解しておくと良いでしょう。

ブックカバーのアレンジのアイデアについて解説

ブックカバーを自分でアレンジしてみたいと思ったことはありませんか。今回はブックカバーのアレンジの一例をお伝えします。ブックカバーをオリジナルなものにしたいと思っている人は参考にしていただけると幸いです。

自分の好きな本のイメージでブックカバーをアレンジ

自分の好きな本のイメージでブックカバーをアレンジするというやり方があり、実際にブックカバーの展示場ではこのようなことを試みているところもありました。実際の作品を見るとそれを作った人が読んだ本のイメージがよくわかります。

日頃、本を読むのが大好きという人にとってはなかなか楽しい試みではないでしょうか。自分が読んだ本の感想やイメージがブックカバーとなって形になるのですから、目に見えるところがうれしいものです。そしてそのカバーをつけて、再び本に向き合えます。

一つの本に対して複数のブックカバーを作るのも良い

一つの本に対していろいろな気持ちを抱くこともあるでしょう。また、小説であればその主人公のイメージのブックカバーをつくったり、その主人公の恋人のイメージでつくったり、親友のイメージでつくったりするのもなかなか楽しいかもしれません。

このように小説に出てくる登場人物の思いをブックカバーにするとなると長編であればあるほどたくさんのカバーが作れそうです。本と一緒に人にプレゼントをするのもおしゃれかもしれません。本好きの友人や恋人であれば、喜んでくれるはずです。

例えばこんなアレンジがある

たとえば、音楽家の伝記や評論の本のカバーを作る場合、浮かぶイメージは音符やト音記号、楽器などです。ピアノ曲が有名な作曲家であればピアノをイメージしたカバーでもよいでしょう。ピアノの鍵盤などはわかりやすいかもしれません。

また、自然の描写が多くでている小説や田園風景がイメージできる小説であれば、そういった風景のイメージをブックカバーにしても素敵です。木や花や農家が収穫した野菜や果物などを題材にしたブックカバーも良いのではないでしょうか。

その他に具体的なものでなくても良いのです。気持ちをイメージしてみるのも良いです。例えば、悲しい小説であればあなたにとっての涙のイメージの色を使うのもすてきです。その本を読んだ思い出にもなるのではないでしょうか。

まとめ
ブックカバーのアレンジで、自分の読んだ本のイメージのブックカバーをデザインしてみることができます。自分のイメージを膨らませて素敵なブックカバーを作りましょう。当店ではそんなお客様のお手伝いも致します。

ブックカバーの素材別の特徴について解説

ブックカバーを付けてお気に入りの本を読むという人は多いです。そのブックカバーですが、当社のものも含め最近はいろいろな素材の物が発売されています。その特徴について解説しましょう。これからブックカバーを買いたいという人は良い参考になります。

ブックカバーは紙のみでない

ブックカバーというと、書店で掛けてもらう紙のブックカバーを思い出す人は多いかもしれません。しかし、ブックカバーは紙のみではなく様々な素材の物があります。そういったブックカバーはそれぞれ適した使い方もありますし、好みも人それぞれです。

ここでどのような素材のブックカバーが世の中に出回っているものなのか、検証してみましょう。ブックカバーを変えるだけでも気分はずいぶんと変わるものです。趣味で読む本はもちろん、資格の勉強のために仕方なく読んでいる本でもモチベーションが上がるかもしれません。

ブックカバーの素材と使い方

ここで、具体的にどんな素材のものがあるか見てみましょう。ブックカバーは本を保護する目的で使いますが、おしゃれな雰囲気にしたいということで使う場合やプレゼントに使うということもあります。確かに本好きな人でしたら、おしゃれなカバーはうれしいでしょう。

その他に本をきれいに整理したいために使うという人もいます。その場合は同じ紙の素材でも「有隣堂」の10色のカラーバリエーションのある上質な素材の紙のカバーですと長持ちしますし、色で本を整理するのに使えて便利です。

透明フィルムのものやレザーのもの

まずは透明フィルムのブックカバーをご紹介します。これは貼るタイプのものですから、本をしっかりと保護してくれる上にビニール素材なので汚れがついても拭けばおちるので楽です。それに透明ですから、カバーをつけても本の題名がすぐにわかるので使いやすいでしょう。

しかし、この透明フィルムのカバーはデメリットもあるのです。家で読む本ならよいのですが、電車の中などで読む場合は本の題名がむき出しになってしまいます。それが気になるという人はさらに上から紙のカバーをかけるとよいかもしれません。

また、レザーの素材のものはおしゃれな雰囲気で人気です。カラーバリエーションも多いので選ぶ楽しみもありますし、長く使えるのもうれしいところです。このようなカバーは人それぞれの好みで選ぶとよいでしょう。当店でもこういった様々なブックカバーを扱っていますので、お役立て下さい。

まとめ
ブックカバーの素材は紙でも有隣堂などで使われる上質な素材のものがあります。また、紙以外ですと透明フィルムやレザーのものもあるのです。それぞれの目的や好みでこうした素材を使い分けるとよいでしょう。当店にもバリエーション豊かに用意してあります。

安いブックカバーと高いブックカバーの違いについて解説

ブックカバーには安いものと高いものがあります。その違いについてご紹介しましょう。近々ブックカバーを購入したいと思っている人は参考になさるとよいかもしれません。違いを知っておくと今後の購入の際も役に立つでしょう。

安いブックカバーは透明フィルム

まずは安いブックカバーですが、それは張り付けタイプの透明フィルムのものです。「アニメイト」では本を買えば無料でついてきますが、これを買った本より多くもらうわけにはいきません。もっと欲しい場合は買うとよいです。実は高くない値段なので躊躇せずに買えます。

なぜ安い?

ではなぜ透明フィルムのものが安いのかというと大量生産可能だからでしょう。このタイプのものは10枚、20枚単位で売っています。ということは1枚にすると安い値段ですが、1枚だけ買うという人は余りいないでしょう。

ただ、この透明フィルムは付け方で失敗して無駄にしてしまうこともあります。1枚や2枚ならばよいでしょうが、それ以上無題にしてしまうと安いものとはいえないかもしれませんので気を付けた方が良いでしょう。

高いものと安いものの違いは素材やデザインのこだわり

高いブックカバーというとデザインや素材の良いものでしょう。ここに安いものと高いものの違いがあります。デザインや素材の良さはそれだけコストがかかっているということなのです。見た目からして高級感が漂っているのがよくわかります。

こういった素材やデザイン性にこだわったものは好みにもよりますが、自分用に使う人もいるでしょうしプレゼントとして使う人もいます。確かに自分用ならばここまでのものでなくても良いと思っても相手に渡すとなるとより良いものを考えるのではないでしょうか。

素材やデザインにこだわったおすすめのメーカー

まずご紹介しますのは「旅がらす」です。こちらはそんなに高い値段ではありませんが、透明フィルムに比べれば高いでしょう。放浪の旅姿の猫のイラストがあまりに可愛いので、猫好きの人にはプレゼントでも喜ばれそうです。

アマネカのブックカバーはなかなか高値ですが、しっかりとした素材でできていますので安心して使えます。また、高級感のある大人のブックカバーといっても良いでしょう。シンプルなデザインも多いので男性が使うにも違和感がないかもしれません。

まとめ
安いブックカバーは大量生産でつくられていて大量売りをしている透明フィルムタイプのものでしょう。高いブックカバーは素材やデザイン性にこだわったもので、アマネカなどのメーカーが代表的です。この違いは素材やデザインにこだわりがあるかないかということになります。