ブックカバーは自作も可能!基本的なつくり方と面白アレンジを紹介

読書が趣味の方は、ブックカバーが欠かせない人も多いでしょう。ブックカバーというと書店でつけてもらうもの、もしくは雑貨屋などで購入するものというイメージを持っていませんか?しかしこのブックカバー、自作のものを活用する方法もあります。

紙で作る自作ブックカバー

手軽に作成したければ、クラフト用紙を使ったものがおすすめです。A4サイズのクラフト用紙で、自分の気に入ったデザインのものを確保します。標準の白いものでもかまいませんが、紙の厚みがあまりないと中身が透けてしまう恐れがあります。

本屋と同じような折りたたみ方で

容姿が用意できれば、あとは本屋さんと同じように折りたたんでいくだけです。適当なポジションに本を置きます。そして2つ折りにして両端を合わせます。少し紙があまりでしょうから、本のあるところで折り目をつけましょう。印のようなものなので、強くつける必要はないです。折り目のところまで両端から折っていきます。この部分に本の表紙を入れます。同じようにもう片方も折り目をつけましょう。今度は同じように上下にも折り目をつけて、表紙を差し込んでいきます。これで簡易ブックカバーは完成です。

こんな方法も!ユニークブックカバーを紹介

紙があれば、簡単にブックカバーが作成できるのはすでに紹介した通りです。しかしほかの素材を使って制作すればおしゃれな仕上がりにできます。ここでは、ネットで紹介されていた面白ブックカバーをいくつか紹介します。

ランチョンマットを使って

ランチョンマットを使ってカバーを作成している人はいました。ランチョンマット自体は100円ショップなどでも販売しているので、手に入りやすいです。裁縫に自信のある人なら端切れを縫い付けてみるのもおすすめです。手帳やペンなど、ちょっとした小物を収納するためのケースにも活用できます。

壁紙を活用

部屋の模様替えの際に、壁紙を張り替えるという人もいるでしょう。もし壁紙が余ってしまったのなら、カバーに充てる方法もあります。紙や布と比較して、高級感が出てきます。凹凸のあるデザインであれば、立体感が出てきます。鮮やかな色合いのものを使用すれば、持ち歩くときにちょっとしたアクセントにもなります。

紙袋を使って

紙袋からブックカバーを制作した人もいるようです。紙袋だけだとシンプルなので、メリハリをつけたければマスキングテープを使ってみるといいでしょう。子供と一緒になって作成したという作品もネット上では紹介されていました。

まとめ

本屋でもらうカバーだといつも一緒でちょっと味気ないと思っているのなら、自作にチャレンジしてみるといいでしょう。紙を使ったものなら、折り紙のように特別な器具がなくても簡単に制作できます。また紙のほかにもランチョンマットや壁紙、布などいろいろな素材を使って制作も可能です。いろいろとアレンジしてみて、オンリーワンのブックカバーを作り上げてみませんか?

Previous Post

You Might Also Like