飛距離の基準とは

飛距離の基準とは

実は意外と伸びていることも

ゴルフの飛距離は直接スコアに掛かってくるため、初心者の人は伸ばせない飛距離に苛立ちを覚えるといったこともあるかもしれない。うまく行かないことを起こる気持ちは生理的に見れば至極正しいものだ、だがそこで苛立ちから止めてしまったら折角始めたのにもったいない。競技として始めたゴルフはプレイしているだけで、自分の結実に大きな影響をもたらすものだ。特にマナーという点が厳しく鍛えられたという点において、アマチュアで活動しているプレイヤーにとっては勉強になったと思っている人も多いとも言われている。

それでも根っこは競技、勝負の世界となっているため勝ち負けにこだわっている人も多い。特に男性にしてみれば他人に負けるのだけは我慢ならないと思っているかもしれないが、慣れている人と勝負ではさすがに分が悪いといわざるをえない。特に誰もが壁にぶち当たることになりやすい飛距離問題に葛藤を抱く、というのもよくあるとも考えられる。

そんな飛距離という点だが、実際のところ男性でどのくらい伸ばせたら上出来なのか、女性でこのくらいなら全然問題ないのかなど、そういった基準を事前に知っているか否かで、初心者の気持ちは劇的に変化するだろう。最初から凄く伸ばせる人などはいない、そう思えば気が楽な方だ。あまり悲観的に考えず、自分の出来るところから始めていくことも上達への近道だ。ただそれでもやはり平均数値を知っておけば、段階的な目標を定めやすくもなるだろう。

ここではそんなゴルフの飛距離の、主に何処までが基準として考えられているのかについて紹介していこう。

どこまで行けば『飛んでる』になるか

ゴルフの飛距離を測定するときには御馴染み『yard』となっていますが、素人目線ではこれが実際誰もが知りえている距離換算するとどれくらいなのかと、まずはそこから調べるところから始めなければならない。正直面倒なことだ、筆者も親がゴルフをしていることから番組を一緒に眺めている機会も多かったが、やはり『○○yard飛びました!!』などといわれても呆然としたものだ。もう少し成長してから見ると、これって正直分かりにくいよなと失礼ながら上から目線でものを見ていたものだ。生意気な年頃だったと思うが、それなりに大人になった頃から思い始めたのは、そもそもゴルフの飛距離はどの程度までが基準となっているのか、という点が曖昧だということに気付く。

一般的とはいっても、ゴルフに縁のない人だって大勢いる。現在では日本人選手でも世界で活躍している人が沢山いて、野球やサッカーとは少々見劣りするものの、国民的認識として見た場合にはそれなりに地位を持っているスポーツだろう。ただそれでもとても表層的な知識しか持ちえていない人が大多数のはずだ。実際にゴルフをプレイしている人ならば分かる専門用語でも、自分でしたことがない人にしてみれば、とりあえずホールの穴にぶち込めば良いとしか、そんな風にしか思っていない人も少なくないだろう。

ただそれだけで勝てるほどゴルフは甘い競技ではない、ホールインするためには出来るだけ手数を少なく入れることが重要なのは勿論、初打でいかに距離を縮められるかがポイントだ。その際、何処まで飛べば基準よりも超えているのかということに焦点を当ててみたいのだが、何といっても自分の飛距離が飛んでいるのかどうか自覚するための目安として『絶対値となる距離数字を理解する』こと、この一点に限る。

他人とのプレイを比較するのはあまり良くない?

距離数字で理解するといったが、これだとまだ漠然としているので具体的な数字を紹介すると、アマチュアゴルファーの人の場合、ドライバーでどのくらいまで飛距離を出すことが出来れば十分かというと、およそ『270yard』という計算で考えてもらえれば良い。これ以上飛ぶ選手については、飛ばし屋として称されるという。

ただこの数字を基準にしているとはいっても、これを知らなければ例え基準に到達していても自分は飛んでいないと誤解してしまう人がいても不思議ではない。一般的に飛距離がどの程度まで飛んでいれば上出来かという基準については、相対的な印象で決められてしまうことも多いという。つまり、一緒にプレイしている人達との飛距離を比べてしまうことで例え基準の一歩手前まで飛ばすことが出来たとしても、同じグループの人達がそれ以上飛ばしていると自分の飛距離は飛んでいないと誤認してしまうからだ。こうなると良い線を行っているにも関わらず、自分はまだまだなんだなぁと勘違いしてしまうため、成長の伸びしろを絶つようなものだ。プロとして活躍するのではなく、あくまで趣味の一環として活動する分にはおおよそ先に示した基準値を目安に飛距離を伸ばすことに専念する。初心者にとってはここから始めた方がまだゴルフを嫌いにならなくて済みそうだ。

素人がまずそんなに飛ぶことはない

付け加えると、アマチュアゴルファーの飛距離という物は大半がそこまで飛んでいないということ、これはある種絶対の法則ともいえる常識だ。それなのに皆が大抵これだけ飛ばせたなどと話している人の姿を見かけることもあるが、その多くが意外と見栄から飛距離をサバ読んでいる、なんてこともあるという。いじらしいものだが、これはこれで色々な問題が絡んでくるとどうしてもという部分が否めない。

ちなみに先ほどの絶対値として紹介したい数値以外に、アマチュアゴルファーのおおよその飛距離アベレージについては、

・アマチュアゴルファー飛距離 平均:220yard~230yard

・アマチュア飛ばし屋 平均:250yard

という風に、270yardというのはある種最高値とも言える数字で、220yard飛べば素人からすれば十分すぎる結果になっている。このことを意識すれば今でも飛距離がまだまだ伸びないと勘違いしている人は上記の数字を参照に頑張れば、まだ気が楽というものだ。

人と比べているとどうしても劣等感を抱くものだ、なので全体的な平均を知ってからまずはそこまでに到達してからどれくらい伸ばせるか、という風に練習を積んでいくことがゴルフの飛距離を伸ばすという顛末にした方がいい。

ゴルフをしないビジネスマンが損することとは

お肌の救世主ハイドロキノン配合のクリームをエコホワイトで販売しております!。その中でもより肌への刺激を抑えた「安定型ハイドロキノンSHQ-1」のクリームは少しずつ溶けだし、ターゲットエリアまで時間をかけてゆっくり浸透していきます。