ヘッドスピードと飛距離

ヘッドスピードと飛距離

飛距離にヘッドスピードは関係あるか

そもそもヘッドスピードを向上させることで本当に飛距離が伸びるのかという点についてだが、これは一重にそうだとは言い切れない部分がある。勿論速くしていなければそれなりの成績を出すことは出来ないのはもちろんのこと、だが飛距離を出すためのコツは先に紹介した姿勢やボール、さらに握り方などの要点をキチンと押さえて基本がしっかりしていることが前提となっている。この法則はヘッドスピードも関係しており、具体的にはヘッドスピードの速さに乗っかることで長く飛距離を出すことが出来るようになるためには、ボールの『芯』に上手く当てられるかどうかだ。

ゴルフボールには打ち出す中心点に芯と呼ばれる箇所があり、そこへジャストミートといわんばかりのショットをかますことで、飛距離にしても、打ち出しにしても最高の瞬間を体感することが出来ると言われている。ちなみに言うと、それが出来る選手がいるならプロでも試合時に数度あるかないかといった所だ。つまり、それだけ難しいこと。さすがにアマチュアにそこまでの技術を求めるのはかなりハードルが高すぎるため、この点については一旦置いておくとしよう。

速さは勿論だが、飛距離を稼ぐためにはそれと同等に大事なコツがある。

どれだけ衝撃を与えられるかどうか

打ち出しの際のヘッドスピードが速ければ速い分に越したことはない、だがその速さを生かしたショットを繰り出すことが出来なければ飛距離は思ったように伸びない。スピードがあるのに飛距離が伸びない、このことが意味するのは打ち出す際にボールに与えられる『衝撃』がスピードに伴っておらず、非常に軽いものだということだ。ゴルフクラブを用いての飛距離を出すためのポイントとしては、ボールへどれだけの衝撃を加えられるかがポイントだ。この時、先に話したボールの芯に近ければ近いほど、その飛距離を思うように記録することが出来る。

ボールへの衝撃こそ、飛距離をいかに伸ばせるかがポイントになり、ヘッドスピードを上げるということはスピードに比例した衝撃をボールに与えらえるための『準備』に過ぎないのだ。スピードを上げることで衝撃を強める、そしてその強めた衝撃がボールの芯に近ければ近いほど距離を伸ばせるというわけだ。

強さも重要

さてここで話したヘッドスピードによる衝撃と話した点については、姿勢は勿論、握り方とボール、そして衝撃を与える際に体重移動をキチンと上手に移動させられているかどうかが、飛距離を出すための鍵となる。ヘッドスピードを出すためには当然握り方が自分に持ちやすいものになっているか、ボールも自身の打ち方に適した相性が良いものか、また姿勢が正しくスピードを存分に出せるか、といった具合にすべての要素が重要になってくる。

つまり、飛距離を出すにしてもこれらのことがキチンと基本に基づいている状態かつ、自分の思うとおりに打ち出しの際に技術的に再現できるかがプロとアマの境目ということになるわけだ。アマチュアでそこまでの技術が出来ていれば大したものだが、趣味として行っているとしても何とかプロに近い打法を会得したいと考えている人もいるだろう。やろうと思えば実現できなくもないが、その分険しくも苦しい訓練を積まなければならない。練習する分には何も問題はないが、さすがに好きから始めたゴルフがいつの間にか嫌いになるくらいトレーニングを重ねたことで、結果として嫌いになってしまったとなっては本末転倒だ。

飛距離を伸ばしたいと思う気持ちがあっても、あくまでプロになるわけではない、あくまで自分が楽しめる程度に学べればそれで十分だという人は過剰なトレーニングを積まず、自分なりのゴルフが楽しめる程度に訓練するだけで十分ということだ。

ゴルフをしないビジネスマンが損することとは