姿勢は大事

姿勢は大事

スイングをするときに重要になるポイント

握り方をマスターしたとしても、それだけで飛距離を出せるようになるまでにはまだまだ遠い。ゴルフの世界といっても操打法によって飛距離をどのくらいまで飛躍的に伸ばすことが出来るかどうか、細かいところまで学ばなければいけない点が多い。ここで紹介している点はそんな基本的かつ最低限押さえておかなければならないポイントに焦点を絞ったものとなっているため、すべての知識を紹介しているわけではないことを予め述べておく。

それを承知の上で次に話を移項すると、スポーツをするにしても何をするにしても何気に重要になってくるポイントは『姿勢』についてだ。デスクワークをするにしても、野球をするにしても、何にしても姿勢というものはある一定の理想的な基準が存在している。正しい姿勢を意識して行うことが出来るようになることは、飛距離は勿論ゴルフそのものが上達するコツなのでこうした基礎はキチンと習得しておこう。

どの程度影響を及ぼすか

ゴルフをする時に重要になってくる姿勢というものがどの程度プレイに影響を及ぼすことになるか、この点についても関わってくる。ゴルフの姿勢、つまりボールを打ち出すときの姿勢となる『アドレス』についてだが、これがキチンと公式的な見解からしても理想と称される正しい姿勢を保っているかによってゴルフの飛距離を始めとした全体的な成績や実力などにも大きく反映される。これについては冗談めいたものではなく、また先に紹介したグリップの握り方についても関係してくる。さらにはアドレスによってボールを打ち出すときの位置といったとてもセンシティブなところにまで関係するなど、この点をキチンと矯正しているかどうかその人のゴルフがどの程度まで上達するかを左右するからだ。

アドレスが正しいということ、それはつまり『最高のショットを打ち出しやすい』ということに繋がる。では正しいアドレスをするための理想的な姿勢とはどのような物なのかだが、これも至極当然のように言われているような点がポイントとなる。

ゴルフをする上での正しい姿勢 ポイント

  • ・背筋を伸ばして真っ直ぐ立ち、真っ直ぐ正面を見据えるようにする
  • ・両足を肩幅よりも少し狭い程度に開く
  • ・前傾姿勢を作っていき、イメージとして丁寧なお辞儀をするように上半身を前傾させていく

正しい姿勢を作る為に出来るコツ

ゴルフの理想的な背筋とは直線的な姿勢が理想となっている、もちろんだが猫背だとあまりショットに期待できるものはないだろう。ただ中にはどうしても普段から猫背になってしまっている人もいる、そういう人はアドレス時に直線になれるよう努力的義務が伴うわけだが、姿勢を作る時のコツというものもあるので紹介しよう。

  • ・両手を前に垂らし、力を抜く
  • ・両膝を軽く曲げる。この時深く曲げすぎず、ほんの少し程度で十分
  • ・力を抜いた両掌を体の前で合わせ、その態勢でグリップの握り方を行なう
  • ・そして右手を左手よりも掌の長さ分下げて、右肩を左肩よりも少し下げるようにすることで若干右に傾く。右肩を下げると自然と背骨も右に傾くため、準備は整う

グリップと姿勢との距離感

アドレスの姿勢を作る時に重要なことがもう1つある、グリップと体との距離感もまた飛距離はもちろんのこと、技術面に大きな影響を及ぼす。ここは適度な広さを保っていることが理想となっており、その目安として『こぶし一個分程度の距離感が開いていると理想的』といわれており、これより狭い、もしくは広すぎるとアドレスに影響を及ぼすことになるため初心者はこういったところにも注意したいところだ。

プロはその点を難無くこなしているのは勿論だが、こうした姿勢を常にベストなタイミングで行えているとは限らないものだ。飛距離についていうなら当然ムラが存在している、前日行っていたときには飛距離は中々良かったが、この日はあまり調子が良くないというような事は日常茶飯事。姿勢を維持する事はプロアマ問わず、意識して良くする様に心がけるもの。ただ初心者視点でいわせるなら、打つ際には正しい姿勢になっているかどうかをキチンと考えてから打ち出すようにしなければならない。

ゴルフをしないビジネスマンが損することとは