ゴルフボール選びも肝心

ゴルフボール選びも肝心

意外と気付かないポイント

グリップに姿勢、そして体重移動という3つの点を気にするだけで飛距離を伸ばすコツにも繋がる。無論先述に紹介した点だけを学んでいれば飛距離が伸びるというわけではない事はもちろんのこと、基本的な事は沢山存在するため学ばなければならない点は沢山ある。その中でも特にグリップと姿勢、そして体重移動は技術的にも飛距離というポイントにしても、キチンと技術として利用出来ているかで大きな差を生み出すことになる。

その中でもう1つ、これも重用になってくるのが『ゴルフボール』というのも、飛ばし屋となるための宿命論として述べるために重要な要素となる。このゴルフボールという点は、意外と誰もが見落としがちな点なのかもしれない、流行りモノに左右されて購入したりする人もいるかもしれないが、ボールについても人によって相性が存在しているためどれが一番自分に適したものなのか見つけることも大事なことだという。ボールの良し悪しとはどう決めるのか、また相性が良いボールの見つけ方についても、ここで少し話をしていこう。

打ってみなきゃ始まらない

ボールが飛距離に影響を及ぼすといわれても、正直実感が沸かない人もいるかもしれない。だがそういわれてみるとプレイヤー一人ずつに個人がボールを持って打ち出しているのにも理由が付く。何せボールに自分なりの目印をつけて分かりやすくしているという工夫がなされているほどだ。この点について筆者は疑問に思っていたが、この情報を見てマイボールを作らなければならないという最低条件があるのも頷ける。

そんなボールも自分に合ったボールを見つけなくてはならないわけだが、相性が良いボールの見つけ方はなんといっても打たなければ見つからない。数打てば当たるという言葉があるように、とにかくあらゆる種類のボールを自分で打っていくことで、自分にはどのメーカーのボールが合っているか否かを見出すところから始まる。とは言っても、すべてのボールを打つために購入する、なんていったら資金的に限界が来るため、数をこなすという点では少々現実味ではない。いくつもあるメーカーからボールを購入して、というのを除いたとしてそれ以外の方法がないかという話だが、1つ良い手段がある。

ロストボールを使用する

ゴルフ場で使用していたはずのボールが無くなった後、回収されたボールが中古で販売されているものを『ロストボール』という。このロストボールはゴルフ場で購入でき、さらにブランドやメーカーといった混種混同のボールとなっているため、何処が自分に適したボールなのかを見出すことが出来る可能性が高くなる。新品で購入する前に、ロストボールを使用して自分に合ったボールを見つけるというのも1つの手段となっている。

相性の良いボールとは

根本的な話をしていなかったので少し戻ると、そもそも『相性の良いゴルフボール』とはどんなものを指しているのかを知らなくてはならない。自分に適したゴルフボールを見つけるコツとして『気持ちよく飛距離が出るかどうか』か、ポイントになる。この時ボールだけでなく、個人毎の打ち方にも左右されているため一概にいえるものではないが、とにかく基本的な打ち方が習得されているかどうかだ。

こうしてみると分かると思うがゴルフというものも、1つの技術をマスターしていれば良いというわけではなく、技術面全てにおいて基本をしっかりと押さえた上で技術的に利用することが出来るかが飛距離アップへの近道となる。ボールの相性は1つの飛距離向上への道標であって、ボールや技術のどれか一つを改善すれば成長するというモノではない。

物凄く当たり前なことばかり紹介しているわけだが、とても重要な一面になるため胸には留めておこう。

好き好きはあると思うが

ボール選びの注意点としては、ブランドで使用するボールの数を選ぶということをしないことだ。当然偏見を生み出すことになるというのもそうだが、先にも述べたとおりとにかく自分にはどれが適しているのかを見つけるのも大事。人から言われてこのブランドにしたとしても、もしかしたら適したボールではないかもしれない可能性は重々ある。自分に相応しいボールを見つけるのもやはり自分がまず確かめることによって、ようやく見つけられる。